外国技能実習生を雇うメリットとして、よく言われるのが労働力の補充人手不足の解消などです。

しかし、この労働力の補充や、人手不足の解消を目的とした外国人技能実習生の雇用は、企業にとっての本当のメリットにはなりえません。

また、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(以下、技能実習法という)第3条2項に反します。

技能実習法第3条

 技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない。

本当のメリットとは?

では、外国人技能実習生を雇う本当のメリットとは?

以下、思いつくままに3つほど挙げてみたいと思います。

メリット①

外国人技能実習生を雇う本当のメリットの1つめは、業務改善の契機となることです。

外国人技能実習生は日本語も上手く話せないですし、聞き取りも上手くありません。
日本の慣習もわからないことだらけです。

そんな外国人技能実習生に仕事を教えることは、正直、大変ですし、様々な工夫が必要になります。

しかし、大変で様々な工夫を施しながら外国人技能実習生を育てる過程で、最高級の人材育成のノウハウが出来上がります。

一般的な企業でも人材育成のノウハウはあると思います。

ただ、「日本人労働者を前提にした人材育成のノウハウ」は、日本人特有の行間を読ませるノウハウになりがちです。

「言わなくても分かるだろう」、「常識的に考えれば分かるだろう」といった感じです。

これは、教える側にも、それぐらいは分かってくれるだろうという「甘え」が残る「人材育成のノウハウ」となります。

一方、「外国人技能実習生を育てる過程で生まれた人材育成のノウハウ」は、日本語の会話能力、読み書き、日本の慣習や常識などが劣る外国人技能実習生を前提としていますから、教える側の「甘え」が一切許されません。

そのため、未経験者の日本人労働者にとっても分かりやすい最高の人材育成のノウハウが出来上がるのです。

業務改善の契機として、この最高の人材育成のノウハウを手に入れることができる。

これが、外国人技能実習生を雇う本当のメリットの1つめです。

メリット②

外国人技能実習生を雇う本当のメリットの2つめは、企業の活気づけとなることです。

外国人技能実習生の多くは、20代から30代の若者です。

しかも、日本の優れた技術を身につけ、また、母国に残してきた家族を養うために必死に働いてお金を稼ぐことに意欲的です。

そんな働くことに意欲的な外国人技能実習生が職場にいてると、周りも自然と感化されるものです。

また、若い外国人技能実習生が働いていると、日本の若者も御社に就職しやすくなり、企業の若返りを図りやすくなります。

企業の活気づけとして、企業の若返りを図ることができる。

これが、外国人技能実習生を雇う本当のメリットの2つめです。

メリット③

外国人技能実習生を雇う本当のメリットの3つめは、ホワイト企業のアピールをすることができるということです。

外国人技能実習生を雇い入れるためには、社会保険の加入をしてないといけなかったり、就業規則などを作ってしっかりと労働法を守らないといけなかったりします。

また、建設業の場合ですと、月給制にしないといけないとか、建設キャリアアップシステムを導入しないといけなかったりします。

このように、外国人技能実習生を雇い入れるためには、しっかりと法律を守って、ちゃんとした企業になる必要があります。

裏を返すと外国人技能実習生を雇い入れることで、御社がホワイト企業であることをアピールすることができるのです。

ホワイト企業であれば、大手企業と取引する機会にも恵まれることがあるかもしれません。

大手企業はブラック企業とは取引をしませんので。

ホワイト企業のアピールをすることで、御社の取引の幅が拡がる。

これが、外国人技能実習生を雇う本当のメリットの3つめです。

まとめ

以上、私が思いつくままに、外国人技能実習生を雇い入れるメリットを書いてみました。

監理団体さんや外国の送出し機関さんの中には、「人手不足の解消として外国人技能実習生を雇い入れることは、技能実習法で禁止されていますから、建前上はダメですけど、本当はメリットになり得るんです」というセールストークで売り込みをかけるところもあるようです。

しかし、人手不足の解消として外国人技能実習生を受け入れても、御社に人手が集まらない原因の解決には決してなりません。

外国人技能実習生の受け入れを通じて、人手が集まらない原因の解決策を考え、実行していく。

そうすることで、きっと御社は更に魅力ある会社に磨かれていきます。

今日のブログは以上です。

技能実習制度に関するご相談は、当事務所までお願いします。

行政書士萩原聖事務所の概要

代表者氏名出入国在留管理庁申請取次行政書士
萩原 聖 (ハギハラ サトシ)
事務所住所大阪府大阪市中央区本町橋2番23号
第7松屋ビル 1158号室
事務所URL行政書士萩原聖事務所のホームページ
www.gyouseisyoshi-office-hagihara.com
国際結婚に関するホームページ
www.visa.osaka.jp
頑張る人をサポートする大阪の行政書士、聖のブログ
www.hagiharasatoshi.com
営業時間8:00~20:00
コメント監理責任者等講習を受講済みです。
提携事務所相澤IT行政書士事務所
大阪府大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F
行政書士出口和也事務所
大阪府和泉市黒鳥町三丁目5番26号
坂田行政書士事務所
大阪府池田市室町8番10号
宮川社労士行政書士事務所
大阪府大阪市西区立売堀1-4-12 リーガル立売堀ビル8F 14号室